海外からも熱視線な日本のランドセル!ベトナムでも注目高まる!

By 2015年11月15日 ベトナム記事 No Comments
ベトナム_151115

今朝は、海外で注目を浴びる日本のランドセルの話題です。(*´∪`*) 日本の小学生の代表的な通学スタイルといえば、なんといっても「ランドセル」ですよね♪そのランドセルを子供の通学用に選ぶ親が、ベトナムでも増えてきているようです。ランドセルは本体だけで約1キロの重さがありますが、肩ベルトは大きく、背中にもクッションが入っているため、約5キロの教科書やノートを入れても子供の体への負担が軽減されます。中には仕切りがあり、湿度や臭い対策がされているものもあり、革製品として毎日の様に使っても5~6年は十分にもちます。d(ゝ∀・) ただ、日本円換算で平均2万円と安くはなく、高額なものは20万円もするため、浸透するにはまだまだのようです。一方、日本を訪れる中国人旅行客の間では、約9万円もするようなランドセルが人気だそうです。日本人には子供の頃から見慣れているランドセルですが、海外では健康面や機能面から注目されつつあるようですね。日常的に目にしている自国の文化でも、海外から見て改めて高い評価につながるといったものは他にもまだまだあるかも知れません♪