ベトナムの気象災害を軽減!ウェザーニューズ社ハノイにオフィスを開設

By 2015年10月26日 ベトナム記事 No Comments
ベトナム_151026

今朝は日本企業のベトナムにおける気象災害軽減に向けたサービス展開の話題にフォーカスしたいと思います。d(ゝ∀・) 皆さまご存知の通り、近年日本は地震や台風・豪雨や竜巻などといった自然被害が増加していますが、そんな日本国内の災害経験を生かし、海外の災害リスクを軽減する取り組みが始まっているようです。ウェザーニューズは2015年9月3日、ベトナムの首都ハノイにオフィスを開設したことを発表しました。ベトナムは台風や熱帯低気圧・モンスーンなどの影響を受けることが多く、また急峻な地形や山岳と海が近い地理的な要因も影響し、大雨による洪水や土砂災害、暴風、高潮などのリスクを抱えています。今回ウェザーニューズがベトナムで展開するのは、日本国内で培った災害リスク軽減をサポートするリスクコミュニケーションサービスで、独自の気象観測レーダーや津波観測レーダーなどの観測インフラを提供します。(*^_^*) 日本と同様の災害リスクを持つベトナムを始めとするアジア諸国で、日本の高度な気象予報やインフラ整備を提供していくことは、災害防止への貢献と共に、大きなビジネスチャンスにもなりそうですね♪