高島屋2016年にベトナム出展!成長するアジア市場への出店拡大

By 2015年7月5日 ベトナム記事 No Comments
ベトナム_150705

今朝はベトナムの話題です。急激に経済発展を遂げ、中間層も増加の一途をたどるベトナムですが、2016年、ホーチミンに高島屋が進出する事が決定しています!( ^_^)/ 同国最大の商業都市であるホーチミンは、現在外資の進出ラッシュとなっており、新たなランドマークとして市民からも期待の声が集まっています。高島屋の海外店舗は、1993年シンガポール高島屋、1994年に大葉高島屋(台北)、2012年に上海高島屋と進出していますが、ベトナムに続き2017年にはタイのバンコクにも進出が予定されており、ASEANへの展開を加速しているようです。高島屋の海外店舗におけるサクセスモデルとなるのが、シンガポール高島屋。20年間かけて培った現地における信頼と商業施設の運営ノウハウです。(*^_^*) シンガポール高島屋のブランドバリューが、ASEAN展開のアドバンテージとなっており、海外においても「街づくり」の視点で戦略を立てています。ベトナムには既に百貨店が複数存在し、マレーシア系のParksonが有名!ショッピングモールも含めると、日本のAEONや現地系のVincomがありますが、どの店舗も人気は上々で市民に愛されています。ホーチミン高島屋は百貨店をキーテナントとして、商業施設・アパートメント・オフィスまでを融合させたライフスタイル提案型複合施設になる模様です。今から楽しみですね!(●ゝェ・)ノ