ベトナムでは“男性の産休制度”が成立!

By 2015年1月11日 ベトナム記事 No Comments

ベトナム_150111

おはようございます!今朝はベトナムのベビーブームを更に盛り立てる話題をご提供します!昨年12月15日のポストでベトナムに「第二次ベビーブーム」が到来しているニュースをお伝えしましたが、それを後押しするように、男性の産休制度が成立しました!(*´∪`*) これは、2016年1月1日に発効する改正社会保険法によるもので、社会保険を納める男性労働者が、妻の出産時に休暇を取得できることが定められた制度です。男性が産休を取れる制度なんて、凄いですよね!しかもその内容も“本当に産休が取れる”ように、とても明確に定められています。まず1人の出産で男性が取得できる休暇は5日間、帝王切開や32週未満での出産では7日間となっており、双子の出産では10日の休暇、3つ子以上では1人につき3日休暇を増して取得することが可能。双子以上の出産で尚且つ帝王切開の場合は、14日の休暇を取得できるというものですヽ(≧∀≦)ノ。 女性の社会進出が顕著なベトナムならではのこの社会制度。これから人口を増やしていく若い世代にとってはとてもありがたい施策ですね。また、公に男性が産休をとれる国はまだまだ少なく、世界的に見てもとても珍しい事例となっています。日本でもまだまだ一般的とは言い難い男性の出産、育児での休暇。若者が働きやすい環境を作るという意味でも、お手本とすべき所が沢山あるのではないでしょうか☆