ベトナムでは“感情は腹の中に隠せ!”

By 2014年9月15日 ベトナム記事 No Comments

ベトナム_0915

おはようございます。シンチャオ!
今朝はベトナムでビジネス展開する時に出くわす、“怒りたくなる瞬間”についてお話ししたいと思います。「人前で怒ってはいけない」というのは東南アジア圏での共通の注意点ですが、それはベトナムでも同じ。人前で強い感情を出すことは、非常に失礼なことだとされています。怒りをストレートに出すことは日本だと「あの人は熱血漢なだけで、悪い人じゃないよね」と許されるケースが多いのですが、ベトナムでは「感情的になるなんて、知的じゃない」と嫌われてしまいます。正義感が強く曲がったことが嫌いで怒りっぽい方は、注意が必要です(#`Д´)ノ 交渉ごとでもベトナム人は冷静沈着で、大きな声を出すことは殆どありません。矢継ぎ早に難しい問題を要求されたり、利害衝突があっても、ベトナムで成功する人は知恵と経験でカバーします。怒り心頭になってはベトナム人の思うツボ。心で泣いても笑顔を忘れないよう心掛けましょう。(人´3`*) また、ベトナム労働者とのコミュニケーションをとる時にも、怒り方に気をつけましょう。ベトナムにビジネス参入しようと考えている方には有名な話ですが、プライドが高いベトナム人を怒るときは工夫が必要です。人前では注意せず、個別に話す時間を設けたり、社内メールやメッセンジャーを利用するなど、冷静に伝え、しっかり納得させる配慮が必要です。ベトナム国民の風潮を理解することもビジネス現場では欠かせません☆