必死に学ぶ若者たちが、ベトナムの高いポテンシャルの源

By 2014年9月8日 ベトナム記事 No Comments

ベトナム_0908

おはようございます。シンチャオ!
今朝は勉強熱心なベトナムの若者たちについてお話したいと思います。戦後、ベトナムは急速な経済成長期を迎えました。ベトナム人たちは貧しい生活から脱出するために、大きなチャンスを求めるようになります。海外との経済交流が行われていく中、外国企業への就職や、海外留学・就労するベトナム人も増えてきました。そして、チャンスを掴むために海外との繋がりを持とうと、ベトナム人たちは語学を磨くようになります。(^ー゜) 以前のポストでも、ベトナムは他のアジア諸国と比較して識字率がずば抜けて高いとお伝えしていますが、ホーチミンやハノイなどの都市部では、小中学校の義務教育だけでなく、高校進学が今や当たり前。生活に少し余裕が出てくると、教育熱心な親は子どもを語学学校に通わせようとします。子どもたちも、自分や家族がいま以上の生活できるよう、積極的に勉強しています。語学学校に通えない家庭の子どもたちは独学で英語を勉強したり、アルバイト先で外国人と交流しながら英語を習得しようと努力しています。
家族のために自分へ投資し続ける若者たちこそが、ベトナムの高いポテンシャルを支えています。ベトナム人の親しみやすさの裏側にある現実主義的な一面は、計り知れない向上心の現れとも受け取れます。彼らの強い向上心を引き出すことが、ビジネスを成功させる秘訣になりそうですね(*´∀`)