地域で異なるベトナムの国民性!

By 2014年9月3日 ベトナム記事 No Comments

ベトナム_0903

おはようございます。シンチャオ!
今朝はベトナムの中でも地域で異なる国民性についてのお話です。いつも温厚で笑顔が印象的なベトナム人は、実はしたたかで超現実主義な一面を持っています。これは戦争や紛争が長く続いたベトナムに染み付いてしまった特徴です (。・ω・。) 南北に長いベトナムの国土を北部・中部・南部の3エリアに分けると、それぞれの特徴が見えてきます。その違いは、「詩と実利と遊興」と言われるほど、歴史背景と土地の豊かさが大きくしています。生活に余裕がある北部のベトナム人は共に詩を吟じる仲間や時間を大切に考えていますし、貧しく常に紛争に巻き込まれていた中部の人は、現実的な利益(お金や土地)を大事にしています。自然の恵みが豊かな南部の人は、楽しく酒を酌み交わせる仲間や遊ぶ時間を大切に考えます。また地域によって顔つきや性格も異なります。中国と国境を接している北部は顔立ちも中国系で几帳面なタイプが多く、中部では我慢強い人が多いようです。南部のベトナム人は色黒な南方系の顔つきが多く、性格はのんびりしています。さらに地域で使用する単語が違ったり、地域毎に言葉のなまりが強かったりするため、同じベトナム人なのに会話が通じないケースもあるのだとか。この様な地域特性を知っておくことは、ビジネス上のコミュニケーションでも非常に重要ですので、ぜひ参考にされてみてください☆