9/2の建国記念日はベトナム人にとって最も大切な日!

By 2014年9月1日 ベトナム記事 No Comments

ベトナム_0901

おはようございます。シンチャオ!先週までシリーズでお伝えして参りましたタイ情報に続き、今朝からはベトナムの情報をお伝えして参りますΣd(ゝ∀・) 今日はベトナムの休日や祝日に関する話題です。日本では1990年代から週休2日制が普及しましたが、ベトナムでは現在も土曜出勤が当たり前。お休みは日曜日だけです。また日本の祝日は年間15日あるのに対して、ベトナムはなんと9日しかありません (;´-`) 正月・旧正月を除いたベトナムの祝日の中で、メインイベントは明日9月2日の建国記念日「国慶節」です。1945年にホー・チ・ミン主席が植民地からの独立を宣言して、明日で69回目の記念日を迎えます。街にはいたるところに建国記念日の横断幕が掲げられ、記念の花火が打ち上げられる等、ベトナム国内では様々なイベントが行われます。この日は偶然にもホー主席の命日でもあるため、ホーチミン廟を訪れるベトナム人が後を絶たず、その参拝客の長さは数キロメートルにも及びます。彼らは4〜5時間の待ち時間を経て、やっと参拝できるのです。国家の誕生日として、また歴史上で一番重要な日として、9月2日はベトナム人にとって最も大切な祝日であることがご理解いただけたでしょうか。今月はベトナム情報をご紹介していきますので、ビジネスシーンでの何気ないコミュニケーションに繋げてみて下さいね (*´∀`)b