ベトナムには中国と同様に“アクセス制限”が!

By 2014年5月28日 ベトナム記事 No Comments

ベトナム_0528

おはようございます。シンチャオ!
今朝はベトナムの通信インフラについてお話ししたいと思います。現状はADSLが中心ですが(2013年データ)、光通信やwifi環境も急速に整備が進んでいます。また、都市部では街の至る所にネットカフェがあり、日本語に対応したPCを置く店や、深夜まで営業をしている店も多数あります。ですが、ベトナムは社会主義国であるため、中国などと同様、政府がインターネットの閲覧制限をしています。特に反共産主義や反政府勢力関係のページには規制が掛かっており、規制をすり抜けた同じ内容のページを閲覧するだけで公安が踏み込んで来るほど、厳しく取り締まられています。(>_<) 近年ではインターネット上のブログやSNSに投稿をしていたブロガー、活動家などが当局に逮捕され、有罪判決を受ける人も急増、欧米諸国や国際的な人権団体から改善を求める声がたびたび上がっています。ビジネス面においては、まだITフリーの環境とは言えない状況ですが、今後どのように発展していくかは注目の的になりそうですねσ(´ω`*)