タイの国内線におけるLCCシェアはなんと65%以上!

By 2015年9月24日 タイ記事 No Comments
タイ_150924

今朝はタイの国内線LCCに注目してみたいと思います。日本でもすっかり定着し、そのシェアも徐々に拡大しているLCC(ローコストキャリア)ですが、タイではそれを完全に上回る勢いで成長しているのをご存じでしょうか?(*’▽’) 日本におけるLCCのシェアは国内線で6.4%(2014年時点)→需要拡大を見据えたうえでの2020年の目標値も14%に留まっているのが現状です。それに比べ、2015年上期に発表された、タイの国内線におけるLCCのマーケットシェアはなんと65.7%!実に日本の10倍以上と言うから驚きです!Σ(゚д゚lll) 「バンコクからプーケットに行きたい!」「ピピ島も!」「せっかくだからチェンマイにも足を運びたい」と言ったように、国内での移動ニーズが高まるなか、5,000円前後で移動できるエアラインも多く、ともすると長時間座りっぱなしの長距離バスより(便によっては)安い場合もあります。しかもCAさんのサービスもなかなかの評判♪航空会社によっては便数の拡大も図っているようです。(o・∀・)b 国内線におけるLCC普及のモデルケースとして参考になりそうですね♪