舵取りがとても上手い!タイの外交政策

By 2014年8月8日 タイ記事 No Comments

タイ_0808

おはようございます!サワディーカー!
今朝はASEANの中でのタイという視点でお話をしたいと思います。タイは地理的な面でもASEAN内で中心に位置し、伝統的にも柔軟な全方位外交を基本方針としています。また、ASEAN内で唯一植民地支配を受けなかった国でもあるため、近隣諸国などとの連携・協調を重視しつつ、日本やアメリカ、中国などの大国ともバランスを取ながら安定的な関係を維持しています。( ´ ▽ ` )ノ ASEAN諸国と中国との間で、領土問題などに揺れている現状もありますが、タイは中国とはラオスやミャンマーを挟んで絶妙な位置にあるため、対中関係を上手くコントロールができる利点があり、中国との関係を円滑にすることにより、アメリカとの関係も良好に維持しているんです。d(^_^o) タイの外交政策はアメリカと中国の間で戦略的選択を強いず、両国にとって重要な国であり続ける事を掲げています。東南アジアを2つの大国による二極対立関係の地域にすることなく、安全で安定した繁栄を続けられるようにするにはタイの役割はとても重要です。舵取りの上手なタイは、ビジネス上の取引においても参考になる部分が多いのではないでしょうか?