夢の天然繊維「エリサン」を日本企業が支援!

カンボジア_150629

今朝はカンボジアで注目されている画期的な繊維の話題です。カンボジアの若手農家さんが作り出す繊維「エリサン」をご存知でしょうか?このエリサンは、UVも消臭機能も備えた“夢の天然繊維”として、今話題の的になっています。(^ー゜) エリサンはヤママユガ科の幼虫で、この幼虫が作り出す繭はカンボジアの強い日差しから身を守る為にUVカットという独自の進化を遂げたようです。そして、エリサンの餌になる葉はタピオカの原料にもなるキャッサバの葉。今まで葉は利用用途がなく捨てられゴミになっていたものが、二次利用も出来て、しかもキャッサバには殺菌、抗菌作用、消臭効果にも優れていました。このようなことが重なり夢のような天然繊維「エリサン」が生まれました!絹紡素材として捲縮がよく、軽くて暖かでカシミヤ的な柔らかな肌触りだと好評なことから、新たな繊維として期待が高まっています。d(ゝ∀・) 日本の素材メーカー・シキボウはこの取り組みを支援しており、カンボジアの農家さんを日本に招き、蚕の飼育方法を指導、同国の試験場建設に資金提供も行っています。「農で母国を立て直したい!」という若手カンボジア農家さんの熱い思いに賛同した同社は2006年からこのプロジェクトに参加しています。エコな上にUVカットと消臭機能が付いて手触りも良い「エリサン」をぜひチェックしてみては如何でしょうか?