日本の古着チェーンがカンボジアに進出!

カンボジア_150426

おはようございます!今朝はカンボジアから日本企業の進出に関する情報です。毎週水曜日に商品が10段階で値下がりする、独自のビジネスモデルで日本全国64店舗をチェーン展開している古着店「ドンドンダウン オン ウェンズデイ」は、カンボジアの衣料品店経営者とフランチャイズ契約を行い、2014年9月、ブノンペンにドンドンダウンとしては海外初出店となる「ドンドンダウン オン ウェンズデイ カンボジア1号店」をオープンしました。d(ゝ∀・) 実は日本の古着はカンボジアの富裕層にとても人気が高く、中古品とはいえ、質の良さやデザインの良さから、日本の古着をあえて選ぶ人も多いのだとか(●ゝェ・)ノ そして、世界的に見ても日本は稀にみる流行の回転が速い国でもあるため、服も状態の良い物が早くにリサイクル市場に流れる傾向があるようです。どんどんダウンのカンボジア1号店では、約6000点の商品を取り扱っており、価格は$8、$7、$6、$5、$4、$3、$2、$1.5、$1、$0.5の10段階を設定、日本のお店と同じくゲーム感覚で楽しめる販売スタイルを採用し現地の人々にも好評なのだそうです!(^O^) 今後、リサイクル品の市場先としても、カンボジアは注目が集まりそうですね☆