カンボジアオリジナルの本格ファッション誌「ソブリン」

By 2014年10月13日 カンボジア記事 No Comments

カンボジア_1013

おはようございます!今朝は進化するカンボジアの若者ファッション事情を取り上げたいと思います!まだまだファッションシーンでは未成熟な感があるカンボジアですが、インターネットや韓流ブームの影響をうけて、おしゃれに興味を持つ若者が増えています。それに伴い、本格的なファッション誌も続々と登場しています。その中でもスペインの「マンゴー」、マレーシアの靴ブランド「VNC」などを取り扱うカンボジアのアパレル会社「ソブレイン」を母体として発行されている「ソブリン」は、編集長もスタッフも皆20代と、若さ溢れるファッション誌です。1冊2ドル(米ドル)程と、カンボジアの価格帯としては決して安くはないのですが、紙面もとてもセンスが良く、創刊から3年が経った今、ソブリンを母体としたファッションショーも開催される程の人気ぶりです(*´∀`)ノ ファッションは「韓流」がお手本との事ですが、この誌面のヘアメイク担当として、カンボジア在住の日本人メークアップアーティストも参加するなど、日本人アーティストも活躍しているんです!若者層が厚いカンボジアは今後様々な面で発展が期待されますね☆