カンボジア産お米の輸出が好調です!

カンボジア_0728

おはようございます。スオスダイ!
カンボジアも日本と同じくお米を食べる習慣を持つ国で、国民の8割が農業に従事しており、中でもお米の生産農家はとても多いんです。また熱帯気候と豊富な水資源から日本では考えられない2-3毛作が可能となっています。そしてカンボジアのお米の特徴は何と言っても「美味しい」ことです!( ´ ▽ ` )ノ タイ米のように細長い形をしていますが、水分を多く含んでいるので粘り気があり、日本人にも好まれる味です。2012、2013年と2年連続で米の国際品評会「世界米会議」で、カンボジアの高級品種の香り米が最優秀賞を受賞するなど、品質面でも注目が集まってきています。ですが、精米の技術はまだ育っておらず、未だに老朽化した精米機を使っているところが多くのが現状です。また輸出規格の精米加工が困難な為、籾のままタイやベトナムに非正規ルートで持ち出され、タイ米・ベトナム米として海外に輸出されているという事もあります。(・_・; ですが、好調な輸出を追い風に、カンボジアの米ビジネスに参入する日系企業も現れ始めています。日本の卓越した農業の技術をカンボジアでのビジネス展開で活用するのも良いかも知れません。