2015年にASEAN共同体が発足します!

カンボジア_0718

おはようございます。スオスダイ!
来年2015年にASEAN10か国で「ASEAN共同体」が設立されることをご存知でしょうか?そもそもASEAN(東南アジア諸国連合)とは、成長期にあるアジアとはいえ、1国だけで世界の経済大国に対抗する事は困難であるため、複数の国が1つとなり、国際的な交渉力を強化しようという目的で結成されています。( ^_^)/ 1967年にインドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・タイの5か国からスタートし、現在はブルネイ・ベトナム・ミャンマー・ラオス・カンボジアを加えた10か国体制になっています。カンボジアは1999年に加盟をし、世界中の様々な製品を作る工場としての大きな役割を担っています。ASEAN共同体はAEC(ASEAN経済共同体)、ASC(ASEAN安全保障共同体)、ASCC(ASEAN社会・文化共同体)の3つの柱で構成され、特に経済面での協力体制であるAECが実現すると物品やサービス、投資、熟練労働者や技術者の自由な移動が可能となり、ASEAN内での物の移動による関税がなくなるなどメリットが多く、アジア版のEUのようなイメージです。ASEANは今後更なる経済発展が期待されるため、世界中から今熱い視線を集めています。ぜひビジネスの場としてご検討されてみては如何でしょうか?v(^_^v)