カンボジアでは「人前で叱る」はNG!

カンボジア_0407

おはようございます。スオスダイ!
今朝はカンボジアのビジネスマナーについてお話をしたいと思います。以前のポストで、頭を撫でる行為はNGであることをお伝えしましたが、その他にも初対面で肩をたたいたり、足を組んで座ることも失礼な行為とされています。足を組むのは相手を見下す行為と取られ、見下される事を何よりも不快と考えるカンボジアでは、それだけで仕事を辞められてしまうことがあるかもしれません。
そして、人前で仕事のミスを叱って相手のメンツを潰すこともご法度です。「どんな時も相手を思いやる」という考え方があるため、丁寧な言葉や態度で接し、きちんと話し合うことが重要です。これは日本のビジネスシーンにおいても大切にしたいですね。信頼関係を築いて、長いお付き合いをしたいというカンボジアの考え方はビジネスにおいても重宝されています!(●´ω`●)