カンボジアの通信インフラは日本よりも上!

カンボジア_0328

おはようございます。スオスダイ!
今朝はカンボジアの通信事情についてお話をしたいと思います!題名を見て驚かれた方も多いのではないでしょうか?Σ(゚д゚lll) カンボジアは人口1,400万人に対して携帯電話の普及率100%に該当する1,400万回線を、なんと2011年頃には既に突破したとされています。iphoneなどの高額機種を使用している若者を街中で見かけることもしばしば。そして、その高い普及率に対応するように通信インフラは日本よりも整っており、都市部のホテルやカフェ、レストラン、コンビニですらが“wifi-free”になっています!ただ、その反面で100%を超える携帯電話普及率に対して固定電話の加入率はわずか0.5%程。つまり自宅に固定の電話回線が無い人がほとんどですので、インターネットを楽しむのは自宅以外が中心。そのためカフェやレストランなどでwifiが必要不可欠ということが背景にあります。情報に敏感な若者中心のお国事情だからでしょうが、ビジネスにおいても、日本よりも整った通信インフラがあるカンボジアの環境は、かなり魅力的ではないでしょうか。(^ー^)ノ