インドネシア語訳の日本マンガを販売する電子書店オープン!

インドネシア_151228

今朝はインドネシアにおける「マンガ電子書籍」の話題です。(o・∀・)b 今年の11月1日、株式会社イーブック イニシアティブ ジャパンはコンパス・グラメディアグループ傘下のELEX社・M&C社と提携し、インドネシア向けの電子書店「MangaMon(マンガモン)」をオープンさせました!(*゚▽゚)ノ ELEX社とM&C社は、インドネシアにおける日本の漫画の約8~9割を販売。この提携により、以前から問題視されていた「海賊版」ではない正規ルートでインドネシア語に翻訳された日本マンガを提供できるようになります♪ ドラマ化が話題になった『エンジェル・ハート』をはじめ、25タイトル179冊からスタートさせ、今後も順次ラインナップを充実させていく計画だそう。日本のマンガを専門で販売する電子書籍の発売開始は、日本のマンガへの注目度をうかがわせるものですね!(o^∇^o)ノ 支払い方法は、クレジットカード・携帯電話・ネット銀行のほか、コンビニとATMからの振り込みなども可能となり、読者にとって便利なサービスとなりそうです。以前から海外でも評価が高い日本のマンガ文化が一層根付いていくきっかけになればさらにビジネスチャンスが広がりそうですね♪