インドネシアのGDPは右肩上がり↑↑

インドネシア_0207

おはようございます。スラマッ パギ!
今朝はインドネシアの物価相場やGDPについてお話します。ご紹介のグラフでも見て取れますように、GDPは右肩上がりの成長を続けており、世界第4位の人口を誇るインドネシアは、大きなマーケットとしても世界から注目を集めています。気になる物価ですが、1ルピアあたりおよそ0.01円です。ちょっと分かりづらい数字ですので、100円あたりの数値で直せばおよそ11,550ルピアくらいです。(レートは2014年1月現在の数値です。) 
物価に関しては、日本の物価と比較するとおよそ1/5程度ですが、近年の急速な経済発展や続く天候不順により、特に食料品の価格のインフレが進んでおり、上昇傾向にあります。首都圏では、日系の大手デパートなども数多く進出しているので、販売されている商品のラインナップは東京とさほど変わりはありません。(*^_^*)
インドネシアの一般的な月収は3~5万円と、まだまだ先進国とは言えない状況ですが、低所得層でも月賦払いでバイクやパソコン、スマートフォンなど高額な商品を購入する人が多くみられます。特に最近はブラックベリーなどのスマートフォン市場が発達しており、世界第4位のソーシャルメディア大国とも言われています。これから更に進化するインドネシアから目が離せませんね!!