インドネシアの若者はiphoneよりAndroid派!

インドネシア_150524

今朝はインドネシアの若者のスマホ事情にフォーカスしたいと思います!インドネシアでも若者のステータスグッズはスマートホンのようですが、「iphoneとAndroidはどちらを選ぶか?」という質問をすると皆口を揃えて「Android」と答えます。その理由を尋ねると、「Androidのほうがiphoneよりも機種代が安価だから」という意見が多数です。iphoneの新機種はおよそ800万ルピア(約7万円)で販売されているのに対し、Androidは日本円で1万円~3万円程度が中心。中には1万円を切る機種もあります。インドネシアの平均月収は日本円で3万円程であるため、iphoneはかなりの高額商品ゆえ手が出ないのが現状のようです。そして、Androidには無料アプリも多いことから、コストパフォーマンスの良さでもAndroidが選ばれています。また、LINEはインドネシアでも大人気で、スタンプを送り合う「ステッカー・ウォー」なる遊びが流行っており、そのあたりは日本の若者と感覚は変わりないようですね(・´∀`・)!世界第4位の人口を誇り、若者も多いインドネシア。機種やアプリなど、スマホ市場もこれから更に広がりをみせそうですね!